渋谷で性検査を行ないジスロマックの処方を受ける

日本人に最も多い性病のひとつにクラミジアがあります。感染すると男性は尿道炎を起こし、排尿時に違和感や痛みを覚えます。女性はおりものや不正出血があり、不妊の原因になるとも言われています。しかし男女ともに自覚症状がないことが多く、放っておくと長期化したり、パートナーに感染させたりしがちです。定期的な性検査を行ない、感染がないか確認することが大切です。もしクラミジア感染が陽性と診断されたら、パートナーも性検査を受けたほうが良いでしょう。
クラミジアの治療によく用いられる薬がジスロマックです。この薬は細菌のタンパク質合成を阻害し、静菌作用や殺菌作用を発揮します。クラミジアのほか、ブドウ球菌や連鎖球菌、肺炎菌やピロリ菌など、多くの細菌に作用します。そのため風邪や肺炎にも処方されますが、ウイルスには効果がありません。
従来の抗生物質に比べて、ジスロマックは1週間ほど効果が持続するという特徴があります。基本的には1回服用するだけで、9割ほどのクラミジアは治療できます。しかし菌が残っていると耐性化し、なかなか治らなくなる可能性があります。服用後1週間ほどしたら再検査を受け、除菌できているか確認する必要があります。
渋谷には性検査や性病治療のできるクリニックが数多くあります。渋谷という土地柄もあって、予約不要で夜遅くまで開いている病院が多く、利用しやすいのがメリットです。渋谷の性病科や泌尿器科医院でも、ジスロマックは多く処方されています。ジスロマックは効果の高い薬ですが、経験豊富な医師の処方は不可欠といえます。心当たりがあるなら、ベテラン医師が多くプライバシーに配慮された渋谷のクリニックで、できるだけ早く検査や治療を受けることをお勧めします。